整体師UGMの“よろしかったらご参考下さい”

腰痛や首肩の不調でお困りの皆様に、整体師からの情報や思いをお伝えします。少しでもお役に立てば!

「ぎっくり腰」どうしたら避けられる?

横浜市金沢区で整体師をしているUGMです。

 

今日は、私が考える「ぎっくり腰」についてです。

なってしまうと生活に大きな支障がでるぎっくり腰。

できるものなら避けたいですよね。

 

くり返しなりやすい人とならない人。

違いはどこにあるのでしょう。

動作のコツとかではなく、そもそもなりやすいカラダの状態についてのお話です。

 

ぎっくり腰はなるべくしてなる!?

ぎっくり腰になりやすい人となりにくい人では、普段からカラダの状態に違いがあると考えています。

 

その違いとは、腰に “しこりのように硬く固まった筋肉” が「ある」か「ない」かです。

 

とくに問題なく生活できていても、「ある人」と「ない人」がいるのです。

最初から同じ条件ではないのです!

 

無理な体勢で遠くの物を取ろうとしたとき、「ある人」は筋肉が伸びずに筋繊維を傷つけ、「ない人」は難を逃れる。

「ある人」は、生活の全ての動作で負担が掛かり続けているので、ちょっとしたことでぎっくり腰になりやすいのです。

 

ですから、普段から “しこりのように硬く固まった筋肉” が「ない人」になることが大切です。

 

「ない人」になるために私が考える重要事項は “神経の流れ” です!

(カラダの使い方とか、ストレッチしろとか単純な話ではないんです)

 

神経の流れは無意識に弱まっている!

各筋肉に繋がっている神経ですが、常に順調に流れているのが当たり前と思っていませんか?

無意識に神経の流れが悪くなっていることは誰にでも起こりうることなんです!

 

この神経の流れが阻害される程度が強くなると、下半身が重くなったり、痛みがでたり、シビレが出たりします。

整形外科に行くと、坐骨神経痛とか狭窄症とか言われたりします。

皆さんはそこで初めて「神経に障害があるのか!」となります。

 

しかし、症状が出る前のカラダの状態はどうだったのでしょう?

何かのきっかけで、突然、神経の症状が出ることもありますが、大抵は、症状が出ない程度に神経の流れが阻害され続けていたと考えられるのです。しかも長期間。

 

そしてこの、無意識に神経の流れが悪い状態が長期間続いた時にできてしまうのが “しこりのような硬く固まった筋肉” なんです!

筋肉が常に緊張して血流が悪い状態が続き、老廃物が溜って、いつの間にか「ある人」になっているのです。

 

ですから、「ない人」になるために、“神経の流れ” を正さなければならないのです!

 

つまるところ問題は背骨の歪み!

 ここまで、ぎっくり腰を避けるためには、

“しこりのような硬く固まった筋肉” を緩めて「ない人」になること。

・それには、原因である “神経の流れ” を正さなければならない。

という話をしました。

 

では、どうすれば “神経の流れ” を正せるのかというと、背骨の歪みを正すことなんです!

“神経の流れ” を邪魔しているのは、生活上の悪習慣や仕事での無理な姿勢などでできてしまった背骨の歪みなんです。

 

f:id:seitaiugm:20200422120736j:plain

神経の邪魔をする歪み

 

神経の大部分は背骨の中を通り、背骨の節目から出て目的の筋肉へ向かっています。

ですから、背骨の節目がつぶれてしまったり、スライドしてしまうと神経伝達が阻害されてしまうのです(この図は脚の筋肉へ行く神経の例ですが、腰周りの筋肉へ行く神経も同じように邪魔されています)。

 

● 座り方の悪習慣や仕事での無理な姿勢などで背骨に歪みができる

    ↓

● 神経の流れが長期間邪魔される

    ↓

● 腰周りの筋肉がしこりのように硬く固まる

    ↓

● ぎっくり腰になりやすいカラダの状態になる

 

という訳です。

ですから、背骨に歪みが長期間ある人=ぎっくり腰になりやすい人 と私は考えています。

(歪みは骨の動きも制限するので、物理的にも筋肉に負担がかかり、ぎっくり腰の危険度が増してしまいます)

 

ぎっくり腰を避けるためには、普段から、背骨の歪みをなくして “しこりのような硬く固まった筋肉” が「ない人」でいることが大切だと考えます。

 

歪み直しで「ない人」に!

 ただ残念ながら、ご自分で背骨の歪みを直すことは難しいでしょう。

どの骨が歪んでいるかを特定するだけでも困難ですよね。

 

体操やストレッチなどを試みても、膨大な時間がかかるか、直らないか、だと思われます。

座り方のクセなど、何年、何十年もかけて歪んでしまった背骨は、直接的に施術を施さなければ元に戻すことは難しいのです。

 

ただ筋肉を揉みほぐすのではなく、歪み直しを重視しているところを試されるのが効率的にもいいと思います。

 

 ちなみに筋肉は、歪みがなくなり、神経が正常に戻って初めて真に弛緩します。

 “先ず歪み直しをする” ことが腰痛改善の標準になることを願っています。

 

普段から歪みのないカラダを維持して、ぎっくり腰と無縁な生活を送りましょう!

 

解りにくい長文をここまで読んで頂いた方に感謝申し上げます。

体の不調でお困りの方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

(内容は、日々の臨床から導き出した私の私見です。ご参考に。)

 

(当院は、女性でも驚くほど極めてソフトに背骨の歪みを正し、腰痛や首肩の不調を改善する整体院です。ご興味のある方は、リンクからHPをご参照下さい)